亀の子束子が日本のたわし~新規オンライン会員登録受付中!

たわしについて

日本を磨いてきた確かな力

亀の子束子は約100年前、東京で生まれました。
それまでの藁や縄を束ねただけの洗浄道具は、もろく洗浄力がありませんでしたが、棕櫚繊維を針金で巻いた「亀の子たわし」の発明は「洗い方そのもの」を変えることになるのです。
以来、明治・大正・昭和・平成と亀の子束子は同じ名前、同じ形、同じ品質で日本を磨き続けてきました。

Kamenoko tawashi was found for more than 100 years ago in Tokyo, Japan.
Until then, a bud of straws or rope are used for cleaning. The hemp palm fiber coiled up with a wire "tawashi" is the invention of cleaning.
Since then, Kamenoko tawashi has been supporting the Japanese household until now.


創業当時から製造方法がほぼ変化していない亀の子束子は職人の技術そのものです。
私たちが「一粒選りの品質が最高の価値」と謳っているのは、最高の素材と最高の技術でつくられた亀の子たわしこそ「日本のたわし」であるし自負しているからです。

The production has not been changed since the establishment. The careful selection of materials and craftmanship made Kamenoko tawashi a tawashi of Japan.
Since then, Kamenoko tawashi has been supporting the Japanese household until now.


創業以来伝統の形状と製法を守り続ける「亀の子束子1号」は、2013年グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞いたしました。

ページトップへ