亀の子束子は天然繊維を明治から続く独特の製法でたわしに束ねてきました。
国内外で素材を厳選し、職人の手でひとつひとつ仕上げています。

たわしの素材

主な素材となる椰子(やし)の種類は、世界に2,000種近くあるといわれ、主として熱帯地方に分布しています。 日本で生育するものとして、シュロ、シュロチク、カンノンチク、などがありますが、熱帯で裁植される椰子のなかで最も有用なものはココナッツ椰子です。亀の子束子ではスリランカ海岸で多く繁茂するココナッツ椰子の繁殖力と供給の安定度から、たわしの原料として着眼しました。
スリランカは現在でも、元祖亀の子束子をはじめとした多くのシリーズに利用されているパームやしの大切な生産地です。


  • 採集された椰子の実は中身をとり、殻を3~4つに割って4~6週間の間水につけます。

  • これを、掻解機にかけて、繊維と外皮を分離した後に、水洗いすると剛毛となります。

  • この繊維を櫛けずりにより揃えて、品質の等級がつけられ断裁します。

  • 高品質の等級がつけられたものだけを選別します。未使用になった部分は、帯縄等の別の用途で使用します。


もうひとつの代表的な素材が、初代社長が亀の子束子を開発するきっかけとなった「棕櫚(シュロ)」で、日本国内に生息する椰子の種です。
第二次世界大戦当時、パームやしの輸入が不可能となった際には代用として棕櫚を使った束子を作るようになりました。現在でも、そのしなやかな素材感を活かして様々なたわしに利用されています。
当社の門の横に立っているのはこの棕櫚(シュロ)の木です。その他にも、「白いたわし」や「健康たわし」で使用されている柔らかで油に強いサイザル麻など、用途にあわせた天然繊維を厳選しております。

ここからは、その棕櫚を材料とした束子づくりの作業についてご紹介します。(工程は各素材と同様です)

素材の準備

厳選された繊維をまとめ、断裁の前に等間隔でゴムで束ねていきます。繊維の質や太さは箇所によって異なるので均等量が断裁されるように手で調整されています。

断裁

束ねた繊維を所定のサイズに断裁します。後の仕上がりにつながる大事な作業です。

主に棕櫚たわしを製造する和歌山工場の断裁機です。刃の手入れも仕上がりを左右する大事なポイントです。

Cutting
The bundled fiber will be cut in a fixed size. And a wire is bended. All the fibers are put together with no space in between.

棒巻き

束子の芯になる針金はあらかじめ折り曲げてあります。この間に繊維を隙間なく詰めていきます。

棒巻きはたわしづくりで一番難しい工程とされます。微妙な手先の感覚が必要な為、これだけ機械化が進む中でも、手作業でしか出来ません。
まずは繊維を均等に密度高く詰めていきます。この技術が亀の子束子の高い品質の鍵となります。この作業のために、職人たちは親指の爪は長めに整えています。

機器にセットし、ひとつひとつ手早くハンドルで巻き込みます。

すきまなく、棒状にぎっちりと巻き込まれたら、次の工程に進みます。

Coiling up
Coiling up tawashi into a bar is a delicate process that can only be done by hand.

刈込み

棒状に仕上がったものを、刈込機に入れて繊維を刈りそろえます。
刈りそろえられたものがたわしの基本形、棒たわしになります。

Trimming
The tawashi bar will be trimmed. This process will make a basic form of tawashi, the bar.

仕上げ

定番の亀の子束子型は棒束子を専用の台座にセットし、繊維をしっかり立ち上げるために縄かけを行います。

余った針金は切り、外側にでないよう閉じて出来上がり。保管の際に使われる金属の輪の部分は、巻き込む際に金具をセットして形作られています。

Finishing
The standard tawashi is made from bending the bar into a unique shape. Putting on a strng, cut off the wire, then the making of tawashi is done.

検品

出来上がった束子は、寸法・重量をはじめとした20項目以上の検査基準を満たしているかどうか、ひとつひとつをチェックします。

検査基準に達したもの束子だけが、オレンジ色の包装紙に包まれて皆さまのお手元に届きます。