亀の子束子は天然繊維を明治から続く独特の製法でたわしに束ねてきました。
国内外で素材を厳選し、職人の手でひとつひとつ仕上げています。

主な素材となる椰子(やし)の種類は、世界に2,000種近くあるといわれ、主として熱帯地方に分布しています。 日本で生育するものとして、シュロ、シュロチク、カンノンチク、などがありますが、熱帯で裁植される椰子のなかで最も有用なものはココナッツ椰子です。亀の子束子ではスリランカ海岸で多く繁茂するココナッツ椰子の繁殖力と供給の安定度から、たわしの原料として着眼しました。

スリランカは現在でも、元祖亀の子束子をはじめとした多くのシリーズに利用されているパームやしの大切な生産地です。

 椰子の実がたわしの材料になるまで

採集された椰子の実は中身をとり、殻を3~4つに割って4~6週間の間水につけます。
これを、掻解機にかけて、繊維と外皮を分離した後に、水洗いすると剛毛となります。

この繊維を櫛けずりにより揃えて、品質の等級がつけられ断裁します。

亀の子束子に使用するパーム繊維は、高品質の等級がつけられたものだけを選別して使用しています。未使用になった部分は、帯縄等の別の用途で使用します。

棕櫚(シュロ)

初代社長が亀の子束子を開発するきっかけとなった「棕櫚(シュロ)」は日本国内に生息する椰子の種です。
第二次世界大戦当時、パームやしの輸入が不可能となった際には代用として棕櫚を使った束子を作るようになりました。現在でも、「極〆」シリーズをはじめとしたたわしに利用されています。
当社の門の横に立っているのはこの棕櫚(シュロ)の木です。

厳選されて整えられた繊維は工場に運ばれます。そして熟練した職人によって「断裁」「棒巻き」「刈込み」「仕上げ」の工程を進んで、たわしとなります。
 工場内での具体的な作業の様子は「たわしの作り方」でご覧ください。