スポンジの雑菌対策と抗菌効果について

毎日の台所で活躍する食器用スポンジ。
直接食器に触れるものだからこそ、清潔に保てているかどうか、衛生面を気にされる方も多いことと思います。
亀の子束子の店頭でも、スポンジのぬるつきや臭いが気になるというお声を耳にします。

気になるスポンジの雑菌の消毒には、煮沸や漂白、あるいは除菌タイプの洗剤をもみ込んだりといった対策が一般的ですが、やはり毎回は面倒ですし、どのくらいの頻度で実施すべきか迷うところです。

亀の子スポンジは「抗菌タイプ」、つまり雑菌が増えることを防ぐタイプのスポンジです。除菌はすでについている菌を「除く」ことですが、抗菌は新たに菌を寄せ付けない、という違いがあります。3月のリニューアル後の亀の子スポンジの新モデルでは、効果の高い「銀イオン」を素材に練り込んであるため、スポンジ自体の抗菌効果が約6倍長持ちするという検査結果が出ました。

また、水切れの良さを追及した大きな気泡も特長です。さらに他の素材との接着を行っていないため、保管時の乾きの早さも大きな特長です。

スポンジ内の雑菌は、水分が失われて乾くにつれて減少していきます。きちんと乾かすことは雑菌対策に何より大事です。水切れの良さが自慢の亀の子スポンジは、さらに乾くまでの間にスポンジ内の雑菌が増えることを銀イオンの抗菌効果で防ぐため、よく切って保管していただくだけでスポンジを清潔に保ち、雑菌の増殖を防ぎます。
面倒なお手入れいらずで、小さなお子様やご年配の方がいらっしゃるご家庭でも安心してご使用いただけます。

ご利用いただいたお客様からは、「スポンジは汚いもの、すぐに捨てるものという意識が変わった」「汚くならないので、台所に出しておいても気にならない」などの感想も頂戴しています。

すっきりと手早く乾き、銀イオンに守られた清潔感を一度体感してみてください。