スポンジの保管方法、置き方は?

台所の食器用スポンジ、どのように置いていらっしゃいますか?
亀の子束子の店頭でも、頭を悩ませていらっしゃるお客様が多い質問です。

吸盤などでとりつけたホルダーに置いたり、あるいはシンクにそのまま置いたりといった場面が多い食器用スポンジですが、注意したいのは「接触面」。スポンジとホルダーやあるいはシンクが接している面が多いと、どうしても乾きが悪くなってしまい、雑菌の繁殖につながる可能性があります。
また、ホルダー自身に傷がついていたり、洗剤や水気が切りきれていないと、時間とともに黒ずんでしまったりする場合も。

厚さ27mmというオリジナルサイズで企画された亀の子スポンジでは、その抗菌効果をしっかり活かしていただくために、専用ホルダーを作成しました。

丈夫で錆びず、衛生的なステンレスを使用した信頼の日本製(大木製作所特注)で、スポンジとの接触面が少なく水切りの良さを活かしながら、高いデザイン性を実現しました。シンプルなフォルムで洗いやすくお手入れも簡単です。

ここで注目していただきたいのはスポンジの置き方です。上写真のように、スポンジを乾かす際に、あえて斜めに刺すことで、スポンジの水切りの早さが格段に向上します。半信半疑の方がいらしたら、ガラスのコップにスポンジを斜めに刺してお試しいただくと、その効果を実感いただけることでしょう。気泡の大きな亀の子スポンジでは、水が落ちる様子を目のあたりにすることができます。ホルダーを使用することで、スポンジから落ちた水も気にすることなく、スポンジをすっきりとより清潔に保つことができます。キッチンに限らず、浴室や洗面所などでご利用いただいています。

わざわざ専用のホルダーを?と驚かれることもありますが、亀の子スポンジの性能とデザイン性を最も活かしてくれるのは、やはり専用ホルダーです。亀の子スポンジご利用の際にはぜひあわせてご検討ください。


オンラインショップで亀の子スポンジホルダーを見る

※直営店では、交換用の吸盤も販売いたしております。