会社沿革

明治40年
初代社長西尾正左衛門(32歳)が東京本郷真砂町にて棕櫚製の亀の子束子を発明。 南方繊維のパームに着眼し原材料として採用。 西尾正左衛門商店として発足し発売
明治41年
実用新案取得。 「亀の子束子」・「亀のマーク」の商標権を登録
大正4年
商品も世間に認められ、好景気時代に売れ行きも順調に拡大。 特許として価値ありとの理由で新に特許権を取得。
(近年特許取得の7月2日が"たわしの日"となる)
大正8年
紙包装された亀の子束子を発売。
昭和6年
事業順調にて滝野川工場(現 本社工場)を新築。 国内外へ拡売(満州・樺太・台湾・ハワイ・アメリカ・南米諸国)
昭和15年
戦争の影響にてパームの輸入が不可能になりシュロにて製造。
昭和17年
2月3日、有限会社西尾製作所と改める。
昭和23年
7月20日、株式会社亀の子束子西尾商店と改名。 紙包装を再開する。
昭和28年
西尾慶太郎社長就任(二代目)
昭和34年
オレンジ色の紙包装始める。
昭和42年
靴洗いジャンプを発売。
昭和48年
新潟の曽地と木島(現在の長岡市)に新工場を設立。
昭和57年
西尾康太郎社長就任(三代目)。
昭和59年
新製品として"浴用たわし"を発売し好評を得る。
昭和60年
百貨店にて実演販売を始める。
昭和61年
国際産業展へ出店し注目あびる。
"麻(浴用)シリーズ"、小型でカラフルな束子"シマシマミニミニ"を発売。
平成2年
実演販売が大好評。 高品質の"絹シリーズ"を発売。
平成3年
西尾松二郎社長就任(四代目)
平成18年
ホームページのリニューアル。オンラインショップでの商品販売開始。
全国の多くの方に天然素材・高品質の亀の子束子をご利用頂けるようになる。
平成19年
創業100周年
平成22年
パッケージのリニューアル。(自動包装機導入)
平成23年
和歌山工場新設
平成24年
西尾智浩社長就任(五代目)
平成25年
亀の子束子1号が、2013年グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞。
平成26年
白いたわしシリーズ4種を発売
11月、東京都台東区谷中に亀の子束子谷中店オープン。
平成27年
亀の子スポンジを発売。
平成28年
亀の子スポンジDoを発売。
平成29年
亀の子スポンジが、日本パッケージデザイン大賞2017で大賞受賞
亀の子スポンジがマイナーチェンジ
創業110周年