たわし二十四節気

「へび道」での6年間【霜降】たわし二十四節気

今日は、二十四節気のひとつ「霜降」です。
朝晩は、めっきり空気が冷たさを増してきました。いろいろと慌ただしく過ごしてきた10月、いつもよりも秋が短く感じられます。改めてのお知らせとなりますが、来月亀の子束子谷中店が、引っ越しをして新しくなります。

亀の子束子谷中店が移転して新しくなります。

2014年11月、5坪にも満たない小さなお店が誕生しました。亀の子束子西尾商店が初めて外部出店した「亀の子束子谷中店」。世界初の亀の子束子専門店です。

谷中店内に飾られたかつて取扱店の印である看板と、新しくデザインされたカタカナのロゴ。どちらも古くて新しい亀の子束子の一面を表しています。そんな亀の子束子と、日本の伝統や海外の文化など、さまざまなものが混ざりあって独特の雰囲気を作り出している谷中地区との出会いは運命的でした。

開店当時の外観。縁台の色がまだ鮮やかです

お客様とゆっくり話せるからと、賑やかな通りから少し外れた静かな「へび道」沿いにお店を構えてから、あっという間に6年になろうとしています。「へび道」とは、かつては藍染川が流れていたくねくねと蛇行する路地の呼び名で、谷中の隠れた名所です。

そっと窓からのぞいてくださる方、使った感想やご報告のためにいらしてくださる方、入口のちょっと低めのドアは、なぜか外国の方に人気がありました。

開店時の内観です

この地で本当にたくさんの方と出会い、学ぶことができました。へび道のお店での営業は今月いっぱい、10月31日に終了いたします。

お世話になった近隣の皆さま、本当にありがとうございました。新店の場所はすこしだけ遠くなりますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


新しい亀の子束子谷中店は、へび道のお店から徒歩10分ほど、根津駅近くの築75年の銭湯をリニューアルしてオープンいたします。

お客様とお話していると、つい話し込んでしまうことは多いのですが、これまでのお店には腰をかけていただくスペースがなかったので、小さなカフェコーナーもつくることにしました。「やなか珈琲」様にブレンドしていただいたオリジナル珈琲や、近くのお店にご協力いただいた軽食も準備中です。

お近くにお越しの際には、どうぞお気軽にお立ち寄りください。
皆さまのご来店を心よりお待ちいたしております。

※ 新店の営業開始は11月28日(土)予定です。
詳しい情報は移転のお知らせページでご覧ください。

※店舗移転について、日本仕事百貨にもご掲載頂きました
たわしの話に 花が咲いたら ちょっとコーヒーでも

関連記事